巻き爪に効果的なセルフケア

2017/10/31
ロゴ

巻き爪になる1番の要因は歩くときに足の指が上手く使えていないことにあります。

浮き指という症状で、歩行の際地面を指で蹴りだせない状態です。指の腹に圧がかからない歩き方をしていると、爪の両側が丸まってきてしまいます。

浮き指は、足首の骨格のズレや悪い歩き方をしていると足の裏の筋肉が疲労し硬くなっておこります。なのでセルフケアとしては足裏のマッサージが有効です。

自分の手で揉みほぐすのもいいですが、手が疲れてしまいます。そこで簡単な方法としてゴルフボールを用意しましょう。ゴルフボールを床に置き足で踏みつけ足裏でコロコロ転がすように足裏をほぐしてみてください。

終わった後は足がスッキリとしていると思います。冷え性やむくみにも効果があるので是非お試し下さい。

数回やっただけでは効果は感じづらいので毎日地道に続けましょう。