巻き爪の予防法

2018/02/07
ロゴ

今日は巻き爪の予防法やセルフケアについてお話しします。

巻き爪になってしまう原因は歩行の際足の指がうまく地面を捉えられないことにあります。

つまり浮き指です。

浮き指になり地面からの圧を受けられなくなると次第に爪の端が丸まってしまい指の肉に食い込んで痛みが発生してしまうので、浮き指の予防が大切になってきます。

うまく足の指を使えない歩き方をしていると足の裏の筋肉が硬くなってしまい、そうすると指が浮いてしまい、地面を捉えづらくなります。

足の裏を柔らかく保つことが巻き爪の予防につながります。

ゴルフボールやテニスボールを踏みつけて足の裏で転がしましょう。

痛いところがあったら集中的に転がします。

足の裏を柔らかくすることが巻き爪予防の第一歩です。

試してみてください。